YouTubeで再生数が上がらない理由と対処法

「副業でYouTubeをやっているけれど、中々思うように再生数が上がらない」と悩んでいる方も多いはずです。
今回は、そんな方のためにYouTubeで再生数が上がらない理由と、その対処法について解説します。

YouTubeで再生数が上がらない理由はたくさんあります。
・サムネを凝っていない
・そもそも動画数が少ない
・動画編集の問題

たくさんあるのですが、一つ一つの理由を解決していたら切りがないです。
なので、今回はいくつかの対処法を書いていきたいと思います。

1つ目の対処法は、「量よりも質にこだわる」です。
皆さんは、YouTubeを毎日投稿されているでしょうか?
している人としていない人とがいると思います。
ですが、特に副業でやっている方は、帰宅後に編集作業をして、投稿するのは本当に大変だと思います。

一昔前までは「YouTubeは毎日投稿するべきだ」という風潮があったのですが、今は、毎日投稿は必要ではないという流れがあります。
では、どうしてなのでしょうか?

それは、以前に比べて「質の良い動画を投稿する必要性が高まったから」と言えます。
以前は、毎日投稿をしてたくさん量を出していれば、再生数が取れていました。
ですが、今は仮に人気のチャンネルであったとしても、質が担保されていなければ、その動画はあまり再生されません。
以前よりも、競争が激化し、たくさんの面白い動画があるからです。

なので、毎日投稿するのは構いませんが、もしそのせいで「質」が低下しているのであれば、そのペースを少し遅らせたほうが良いかもしれません。

2つ目の対処法は、「長い目で見る」という方法です。
これはどういう事かというと、YouTubeはすぐに伸びるようになるわけではありません。
確かに、すぐに伸びる方も中にはいますが、皆さんも自分が最初に投稿した動画を見ると、質が低すぎて恥ずかしくなってしまうのではないでしょうか。

今、再生数が上がっていないからといって、そこまで落ち込む必要はありません。

もしかしたら、1年後の皆さんが見たら、今の皆さんの動画も恥ずかしくなってしまうほどの動画かもしれないからです。
ですが、それは「その時に出来る限りの全力を注いで作った」のであれば、全く問題ないと思います。

YouTubeは一朝一夕で伸びるものでは無いことを、強く認識して、根気強く頑張ってみてくださいね。

今回は、YouTubeで再生数が上がらない理由と、その対処法について解説しました。
皆さんも、この対処法を使って少しでも再生数を上げることが出来れば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする